BMW MINIオーナーの皆さん、こんにちは。

WebmasterのWinterSnowです。

ホイールのガリ傷。
やってしまった〜って方も多いと思います。 扁平率が高いスポーツタイヤを履いている場合などでは結構、縁石など気にしながら走りますよね!
気にしていても運が悪くガリキズができてしまうことがありますが、修理方法を身につければ簡単に修正できます。諦めずにぜひDIYチャレンジをしてみてください。

ホイール修正はガリ傷にもよりますが、今回のような傷では業者さんにい対すると2万円くらいは最低でも取られちゃいます。

しかし、DIYだとペイントスプレーを買っても4千円もあれば修理できますよ?

前回では1〜4項目に分けてガリ傷修正の前段階を紹介しましたが、この記事はその続きです。

前回の記事は”[DIY] MINI 純正 アルミホイール ガリ傷 修正(1)”はこちら。

5.アルミパテで肉盛り箇所の硬化具合を確認する。

パテの硬化時間の6時間が経過しました。硬化が完了したかどうかの確認方法ですが、表面のベタつきがなくツルツルしていて一番肉厚のパテ盛りした部分を軽い力で爪で押してみることで傷が入らなければOKです。 軽い力で爪の傷が残るようだとまだ硬化時間が短い可能性があります。 あと、1対1のアルミパテと硬化剤配合を間違えた場合はいつまで経っても硬化しないので注意が必要です。その場合は残念ながらパテを全部排除して、脱脂からやり直しです。

6.アルミパテの肉盛り箇所をサンドペーパーでキレイにする。

アルミパテの表面慣らしにはサンドペーパーを使用します。 線傷など凹みが浅い部分は、番手が細かい#1500〜3000を使って少しずつ表面を慣らします。このときにペーパーは指先の平らな部分で軽く面押しながら磨きを追い込むと良いです。線傷にパテが残り、その他の部分では傷が残らない程度(表面のクリア塗料は剥げます)で完成です。 凹みが大きい箇所ではサンドペーパーを大きめの消しゴムに巻きつけて平面を作ってから少しずつ”造形”します。 ホイールの外周などはリム形状で丸くなっていたりしますので、周囲の形状と同じようにパテの余分な部分を削り面出し作業を行います。 荒いサンドペーパーでさっさとやりたいところですが結局は傷が残りますので、慎重に。

7.パテ盛り部分の脱脂。

パテがガリ傷だったところにのみ、サンドペーパーで削り残して色違いの肉盛り仕上げとなったと思います。 あとはペイントして更に仕上げてクリア塗料を吹くのですが、念の為軽く脱脂してください。
塗料弾きが出てしまうのも困るので念の為。

8.タッチペン塗料で肉盛り部を塗装する。

きれいに脱脂ができたところで、タッチペンでカラーを近づけます。このときホイールがブラック系ならその塗料のタッチペンで作業をしてください。今回はシルバー塗料で塗りますが、タッチペンの刷毛で一気に”ベタッ”と塗るのだけ早めてください。タッチペンの塗料とホイールの色がどのくらい差があるか、前回で調べたと思います。色に差がある場合はタッチペンをかき混ぜずに薄く塗って色を近づけるか、濃いのであればタッチペンを良く振って塗り重ねる必要があります。少しの色の差であればOKとするか、もっと細かくしたい場合は、ボカシ剤を使うと効果的です。

タッチアップのペンタイプや小さな刷毛の場合、塗りムラ(縦線)ができますが次の工程で除去しますので気にしないで大丈夫です。

8.タッチペン塗料の表面をキレイにする。

タッチアップペイントが完了したら、ペイントが乾燥するまで数時間待ちましょう。夏場ならすぐですが、冬場は乾燥に時間がかかるかもしれません。 乾燥したらサンドペーパーの#2000〜#3000程度で塗装面を軽くムラ取りをします。
表面がきれいになったら終了です。 ペーパーがけをやりすぎると塗装面なくなりますからご注意を(当たり前ですが念の為)

8.クリアペイントで仕上げる。

ガリ傷のある場所以外をマスキングテープと新聞紙などを利用して養生します。 このときタイヤにかからないように注意しましょう。
マスキング養生が済んだら、クリアペイントスプレーをよく振り、新聞紙などに一度、カラ吹きしてからペイント部から”離して”薄く塗ります。これは表面に塗装垂れやブツブツの泡にならないようにするためです。 短い時間で一箇所にとどまらないよう左から右にスプレー缶を流しながらシュッっと単発で繰り返し塗ります。はじめての方は塗れてるのか?と思うと思いますが、光の加減で表面を確認しながら塗ることで表面光沢が徐々に変わることがわかると思います。
クリア面が完成したらペイントは終了です。 ぼかし剤を使う場合はぼかし剤→クリアの順番で表面を作ってください。色の差が大きい場合はボカシ剤の恩恵には程遠くなりますのでご注意を。

 

8.クリア塗装部を平滑にする。

離してキレイに薄く重ね塗りができひとは仕上げの磨き上げをしない人もいるとは思いますが、コンパウンドなどで磨くと、キレイな平滑面が期待できます。
光の加減でクリアコートのばらつきも多少は抑えられるので、時間を許せる方は塗装面用コンパウンドで磨いてみてください。

これで完成です。
私は、今回磨き込みもせず、色も若干違ってもいいや的にちゃっちゃとやってみた結果がこの写真です。 before / afterで見てみると違いもはっきりしますが、やっぱり色合わせはシルバーのスプレーで仕上げるのが大事ですね。
刷毛塗りのタッチペンでは色の境目がはっきりしちゃってます。
プライマー・シルバー・ぼかし・クリアーの順はさぼってはいけませんね・・。

6時間硬化時間を除けば、今回のガリ傷半周+3箇所のスポークガリ大は3時間以内の作業となりました。(この記事の準備しながらなのでもっと短いかも)

ガリ傷で困った方にお役に立てたでしょうか・・・・。

ではまた。

前回の”[DIY] MINI 純正 アルミホイール ガリ傷 修正(1)”はこちら。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

Copyright©2018ClubMINIJapanAuto(CMCJ)AllRightsReserved。

BMW MINI(ミニクーパー) ONE /クーパー/クーパー/ CooperD / CooperSD / CooperSE / JCW R50 / R52 / R53 / R55 / R56 / R57 / R58 / R59 / R60 / R61 / F54 / F55 / F56 // F57 / F60 Clucman 、コンバーチブル、クロスオーバー、ペースマン、ロードスター、3Door / HB、5Door / HB

お問い合わせ

管理者はオンラインではありませんが、ここから問い合わせをすることができます。 返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。

Sending
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account

CAPTCHA


eight + fifteen =